2016年6月12日日曜日

8月23日から8月31日までの星空観察会 ご参加希望の方へ

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

8月23日から8月31日までの星空観察会は、20時より、白馬五竜エスカルプラザ駐車場にて、開催予定です。
18時の時点で、天候の様子を見て、天候が思わしくないと判断した時には、神城駅の2階にて、
屋内での解説となります。(8月23日、26日と30日は、白馬村農業体験実習館)

さて、お月様は、見る事ができません。
その分、細かな星もよく見ることが出来ます。
お月様が見られない時は、淡い光の天体がよくみられることになりますので、
星雲・星団の類をいくつかご案内いたします。

「天の川は見られませんか?」というご質問がありましたが、
そろそろ、天の川もよくみられる時期に差し掛かっていると言えると思います。

惑星としましては、南西の低い空に見えている明るい星が、火星と土星ですね。
土星は、環のある星として有名ですが、人気が高い天体ですね。
もちろん、天体望遠鏡を使えば、土星の環も見て頂くことができます。
そして、火星は、5月末の最接近の後も、明るく輝いています。
一度は見てみたい天体ですね。
火星・土星も、これで、そろそろシーズンオフを迎えます。

星座としては、黄道十二星座の中では、さそり座に始まり、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座をご案内いたしております。
他にも、日本中で最も簡単に、「必ず探せる」「探し方を忘れない」という北極星の探
し方と、織姫星と彦星の探し方をご紹介しています。
他にも見えている星座はもちろん、星雲や星団も、数多くご紹介しながらお見せいたし
ております。

お星様に関するご質問も、大歓迎です。
むしろ、ご質問を頂くこと、そしてそのご質問にお答えする事が、私の一番の楽しみな
のです。

全ては、天候次第ですが、必ず「楽しかった」と思って頂けると信じております。

防寒着だけは、必ずお持ちください。

星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)

8月21日、22日の星空観察会 ご参加希望の方へ

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

梅雨時期の星空観察会を休止いたしております。
ご迷惑をおかけいたします。

8月21日、22日の星空観察会は、20時より、白馬五竜エスカルプラザ駐車場にて、開催予定です。
18時の時点で、天候の様子を見て、天候が思わしくないと判断した時には、神城駅の2階にて、
屋内での解説となります。

さて、お月様は、開催時間中に東の空へ上ってきます。
クレーターが、きれいに見られると思います。
天体望遠鏡や双眼鏡を使って見る 月の出 は、感動しますよ。
お月様が出てくるまでの時間帯では、細かな星もよく見ることが出来ます。
お月様が見られない時は、淡い光の天体がよくみられることになりますので、
星雲・星団の類をいくつかご案内いたします。

「天の川は見られませんか?」というご質問がありましたが、
そろそろ、天の川もよくみられる時期に差し掛かっていると言えると思います。

惑星としましては、南西の低空に見えている明るい星が、火星と土星ですね。
土星は、環のある星として有名ですが、人気が高い天体ですね。
もちろん、天体望遠鏡を使えば、土星の環も見て頂くことができます。
そして、火星は、5月末の最接近の後も、明るく輝いています。
一度は見てみたい天体ですね。

星座としては、黄道十二星座の中では、てんびん座に始まり、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座をご案内いたしております。
他にも、日本中で最も簡単に、「必ず探せる」「探し方を忘れない」という北極星の探
し方と、織姫星と彦星の探し方をご紹介しています。
他にも見えている星座はもちろん、星雲や星団も、数多くご紹介しながらお見せいたし
ております。

お星様に関するご質問も、大歓迎です。
むしろ、ご質問を頂くこと、そしてそのご質問にお答えする事が、私の一番の楽しみな
のです。

全ては、天候次第ですが、必ず「楽しかった」と思って頂けると信じております。

防寒着だけは、必ずお持ちください。

星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)

8月20日は、八方うさぎ平で、「星空観察会」

いつも、ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

今年は、白馬八方うさぎ平での星空案内も、夏から秋に数回の開催を予定しています。
その第3回が、8月12日の「星空観察会」です。

こちらは、事前予約を基本としています。
当日でも、可能な限り受け入れいたしますが、ご予約いただいた方が間違いないと思います。
料金など、詳細は、白馬観光開発(株) 八方営業所 TEL 0261-72-3280 へお願いします。

タイムスケジュール(予定)
19時
 八方尾根ゴンドラリフト「アダム」への乗車開始
 20時まで食事タイムとなります。
20時
 オープンテラスにて、星空観察会
21時
 ゴンドラで下山
 
天の川はもちろん、お月様のクレーター、土星の環、火星、黄道十二星座や星雲、星団を含め、様々な天文体験が可能です。
万が一、雨天や曇天時には、スライドによる星空案内など、メニューを用意いたしております。

標高1400mの星空観察会は、涼しいより、寒いと感じるかもしれませんので、防寒着を忘れずお持ちくださいませ。


         星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)

2016年6月11日土曜日

8月12日、13日、14日は、白馬五竜で、「ペルセウス座流星群観察会」

いつも、ブログをご覧頂きまして、ありがとうございます。

流星群の王様とも言える「ペルセウス座流星群観察会」をご案内いたします。


流星群を見るには、時期と時間帯を間違えないことも重要ですが、
周囲が暗くて、開けた場所であれば、観察することは可能です。
特に、今年2016年は、昨年同様、お月さまの影響もなく、かなりの好条件です。

では、わざわざ、観察会に参加することのメリットはあるのか?
流星群の観察会に参加していただくメリットは、いくつかありますが、
1、安全に観察が出来る
2、どこで、いつ見るのがいいのか、調べる必要が無い
3、トイレがある
4、解説があるので、眠たくなることなく見ることが出来る
5、流れ星以外にも、星座の案内や、天体望遠鏡で天体を見ることが出来る
などなど、メリットはあると思います。

それでは、「星空案内のアステリズム」で行う「ペルセウス座流星群観察会」のご
案内です。
この観察会は、8月12日の夜から8月14日の夜まで、3夜連続で行います。

まずは、夕方、16:00から17:00まで、「事前講習会」を行います。
これは、白馬グリーンスポーツの森 復元民家 にて行います。
参加費無料で、さらに、「星空観察会参加費¥1,000割引券」を進呈しております。
雨天・曇天決行です。
・流れ星とは、いったい何?
・流星群って、どんなもの?
といった内容を、分かりやすくご案内いたしております。
これを理解して、流星群観察会に参加されますと、より理解が深まり、楽しい経験とな

ると思います。

20:00からは、通常開催の「星空観察会」を開催します。
白馬五竜エスカルプラザで開催されます。
「星空観察会参加費¥1,000割引券」を、ぜひ、ご利用下さい。
そして、提携宿にご宿泊のお客様は、さらに割安でご参加いただくことが出来ますよ。

天の川、アンドロメダ銀河、夏の星座を中心に、楽しくご案内いたします。

23:00から、翌AM2:00まで「ペルセウス座流星群観察会第1部」を開催します。
白馬五竜エスカルプラザで開催されます。
翌AM2:00までの予定ですが、明るくなるまで参加いただいても構いません。
翌AM2:00からAM4:00までは、「ペルセウス座流星群観察会第2部」を開催します。
第1部と第2部は、別料金となりますので、ご注意ください。
但し、雨天曇天時には、中止とさせていただきます。
HPにて、開催の有無は、お知らせいたします。
例年、1年間で2番目にたくさん流れる数の多い流星群です。
晴れていれば、流れ星は数多く見られるでしょう。
運がよければ、1時間に100個近くの流れ星を見られると思います。

今年は、お月様の影響がない好条件ですので、全国各地で「流星群観察会」が行われると予想されます。普通は、こんな深夜に開催する観察会は、無いと思います。
しかし、明け方のなればなるほど、流星の頻度は高くなり、本当に楽しめるのは、日付が変わってからだということを、ぜひ、皆さんに知っていただきたいと思います。
よって、第2部の開催時刻の頃が、流れ星の頻度が、最も高くなると考えられます。

参加料金は変わりませんが、途中参加や途中で帰るのは、構いません。
夏の星座や秋の星座、冬の星座も一部ご案内できると思います。
この流星群観察会も、提携宿にご宿泊いただきますと、割安料金にてご参加いただけま

す。

持ちものは、防寒着と、懐中電灯。流れ星へのお願い事も忘れずにお持ち下さい。
予約は必要ありません。

       星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)

2016年6月5日日曜日

8月11日は、八方うさぎ平で、「ペルセウス座流星群観察会」

いつも、ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

今年は、白馬八方うさぎ平での星空案内も、夏から秋に数回の開催を予定しています。
その第2回が、「ペルセウス座流星群観察会」です。

こちらは、事前予約を基本としています。
当日でも、可能な限り受け入れいたしますが、ご予約いただいた方が間違いないと思います。
料金など、詳細は、白馬観光開発(株) 八方営業所 TEL 0261-72-3280 へお願いします。

タイムスケジュール(予定)
19時
 八方尾根ゴンドラリフト「アダム」への乗車開始
 20時まで食事タイムとなります。
20時
 オープンテラスにて、星空観察会
21時
 宿泊以外の方は、ゴンドラで下山
 宿泊の方は、流星群講習会を行います。
 座学ですが、講習でお話しする事を、知っているのと知らないのとでは、
 実際の観察による満足度が違ってくると思います。
深夜2時まで
 仮眠と自由観察です。
 私も、少し休憩をいただきますが、基本的には、ずっと星を見ています。
 ご一緒にいかがでしょうか?
 22時過ぎには、北アルプスへの月の入りがあります。
2時
 流星群観察会
4時
 観察会終了。徐々に明るくなり始めます。
5:02
 日の出の予報です。ご来光を観察しませんか?
5時30分
 朝食をご用意いたします。 
6時30分
 ゴンドラにて下山。

今回の「ペルセウス座流星群」は、深夜3時頃にピークを迎えると、予想できます。
ですので、深夜の観察会となります。
お子さんの参加も、もちろん可能です。深夜でも、大人より元気な子供を、過去には何度も見ています。どこかで、お昼寝ができれば、一番いいかもしれませんね。

天の川はもちろん、お月様のクレーター、土星の環、火星、黄道十二星座や星雲、星団を含め、様々な天文体験が可能です。
万が一、雨天や曇天時には、スライドによる星空案内など、メニューを用意いたしております。

標高1400mの星空観察会は、涼しいより、寒いと感じるかもしれませんので、防寒着を忘れずお持ちくださいませ。


         星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)

2016年6月3日金曜日

9月10日の星空観察会 ご参加希望の方へ

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

9月10日の星空観察会は、20時より、白馬五竜エスカルプラザ駐車場にて、開催予定です。
18時の時点で、天候の様子を見て、天候が思わしくないと判断した時には、
神城駅の2階にて、屋内での解説となります。

さて、お月様の具合は、素晴らしい日程となります。
開始時間には、お月様は、南西の空に、半月状に見る事が出来ると思います。
クレーターが、きれいに見られると思います。
そのお月様が、山の稜線に沈む姿を、ぜひ、見ていただきたいと思います。
天体望遠鏡や双眼鏡を使って見る 月の入り は、感動しますよ。
後半、月が沈んだ後は、細かな星もよく見ることが出来ます。
お月様が見られない時は、淡い光の天体がよくみられることになりますので、
星雲・星団の類をいくつかご案内いたします。

「天の川は見られませんか?」というご質問がありましたが、
そろそろ、天の川もよくみられる時期に差し掛かっていると言えると思います。

惑星としましては、南西の低い空に見えている明るい星が、火星と土星ですね。
土星は、環のある星として有名ですが、人気が高い天体ですね。
もちろん、天体望遠鏡を使えば、土星の環も見て頂くことができます。
そして、火星は、5月末の最接近の後も、明るく輝いています。
一度は見てみたい天体ですね。

星座としては、黄道十二星座の中では、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座、うお座をご案内いたしております。
他にも、日本中で最も簡単に、「必ず探せる」「探し方を忘れない」という北極星の探
し方と、織姫星と彦星の探し方をご紹介しています。
他にも見えている星座はもちろん、星雲や星団も、数多くご紹介しながらお見せいたし
ております。

お星様に関するご質問も、大歓迎です。
むしろ、ご質問を頂くこと、そしてそのご質問にお答えする事が、私の一番の楽しみな
のです。

全ては、天候次第ですが、必ず「楽しかった」と思って頂けると信じております。

防寒着だけは、必ずお持ちください。

星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)

7月31日から8月8日までの星空観察会 ご参加希望の方へ

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

7月31日から8月8日までの星空観察会は、20時より、白馬五竜エスカルプラザ駐車場にて、開催予定です。
18時の時点で、天候の様子を見て、天候が思わしくないと判断した時には、神城駅の2階にて、
屋内での解説となります。(8月2日と6日は、白馬村農業体験実習館)

さて、お月様は、見る事ができません。
その分、細かな星もよく見ることが出来ます。
お月様が見られない時は、淡い光の天体がよくみられることになりますので、
星雲・星団の類をいくつかご案内いたします。

「天の川は見られませんか?」というご質問がありましたが、
そろそろ、天の川もよくみられる時期に差し掛かっていると言えると思います。

惑星としましては、南の低い空に見えている明るい星が、火星と土星ですね。
土星は、環のある星として有名ですが、人気が高い天体ですね。
もちろん、天体望遠鏡を使えば、土星の環も見て頂くことができます。
そして、火星は、5月末の最接近の後も、明るく輝いています。
一度は見てみたい天体ですね。

星座としては、黄道十二星座の中では、おとめ座に始まり、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座をご案内いたしております。
他にも、日本中で最も簡単に、「必ず探せる」「探し方を忘れない」という北極星の探
し方と、織姫星と彦星の探し方をご紹介しています。
他にも見えている星座はもちろん、星雲や星団も、数多くご紹介しながらお見せいたし
ております。

お星様に関するご質問も、大歓迎です。
むしろ、ご質問を頂くこと、そしてそのご質問にお答えする事が、私の一番の楽しみな
のです。

全ては、天候次第ですが、必ず「楽しかった」と思って頂けると信じております。

防寒着だけは、必ずお持ちください。

星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)

7月30日は、八方うさぎ平で、「みずがめ座デルタ流星群観察会」

いつも、ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

今年は、白馬八方うさぎ平での星空案内も、夏から秋に数回の開催を予定しています。
その第1回が、「みずがめ座デルタ流星群観察会」です。

こちらは、事前予約を基本としています。
当日でも、可能な限り受け入れいたしますが、ご予約いただいた方が間違いないと思います。
料金など、詳細は、白馬観光開発(株) 八方営業所 TEL 0261-72-3280 へお願いします。

タイムスケジュール(予定)
19時
 八方尾根ゴンドラリフト「アダム」への乗車開始
 20時まで食事タイムとなります。
20時
 オープンテラスにて、星空観察会
21時
 宿泊以外の方は、ゴンドラで下山
 宿泊の方は、流星群講習会を行います。
 座学ですが、講習でお話しする事を、知っているのと知らないのとでは、
 実際の観察による満足度が違ってくると思います。
深夜1時まで
 仮眠と自由観察です。
 私も、少し休憩をいただきますが、基本的には、ずっと星を見ています。
 ご一緒にいかがでしょうか?
1時
 流星群観察会
1:14
 月の出の予報です。三日月のような細いお月様が出てくるところを観察します。
3時
 観察会終了。徐々に明るくなり始めます。
4:52
 日の出の予報です。ご来光を観察しませんか?
5時30分
 朝食をご用意いたします。 
6時30分
 ゴンドラにて下山。

今回の「みずがめ座デルタ流星群」は、深夜2時頃にピークを迎えると、予想できます。
ですので、深夜の観察会となります。
お子さんの参加も、もちろん可能です。深夜でも、大人より元気な子供を、過去には何度も見ています。どこかで、お昼寝ができれば、一番いいかもしれませんね。

天の川はもちろん、お月様のクレーター、土星の環、火星、黄道十二星座や星雲、星団を含め、様々な天文体験が可能です。
万が一、雨天や曇天時には、スライドによる星空案内など、メニューを用意いたしております。

標高1400mの星空観察会は、涼しいより、寒いと感じるかもしれませんので、防寒着を忘れずお持ちくださいませ。


         星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)

7月23日より、天体望遠鏡 星座早見傘 手作り体験が始まります

いつも、ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

例年、大変好評をいただきました「手作り天体望遠鏡体験」と「星座早見傘」
今年もいよいよ始まります。






「手作り天体望遠鏡」は、お月様の模様やクレーターはもちろん、土星の輪も見ることができます。
そして、どちらも、夏休みの自由研究、工作にもご利用いただけます。

今年は、7月23日(土)から8月28日までの毎週土曜日と日曜日、
8月11日(木)から8月16日(火)までのお盆期間6日間の開催となります。

受付時間が、原則として、12:00~15:00の3時間です。
8月11日から8月14日以外の日程では、16:00頃まで受けてけ出来ると思います。
午前中にご希望の方や、遅れそうな場合には、ご連絡をいただければ幸いです。
予定が合わない方も、事前にご連絡をいただければ、
ご都合を合わせることが出来るかもしれません。
まずは、興味をもたれましたら、ご連絡下さいませ。

なお、20:00から開催の「星空観察会」の前売りチケットも割引価格で販売致します。

「星座早見盤」も販売し、当然、きちんとした使い方も、ご説明いたします。

現在、他にも工作などを考えておりますので、興味のある方は、
白馬グリーンスポーツの森へ、まずはお越しくださいませ。

グリーンスポーツの森 は、特にお子さんが安全で楽しめる場所となっています。
ぜひ、足を運んでみてくださいね。

         星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)

7月24日から7月29日までの星空観察会 ご参加希望の方へ

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

梅雨時期の星空観察会を休止いたしております。
ご迷惑をおかけいたします。

7月24日から7月29日までの星空観察会は、20時より、白馬五竜エスカルプラザ駐車場にて、開催予定です。
18時の時点で、天候の様子を見て、天候が思わしくないと判断した時には、神城駅の2階にて、
屋内での解説となります。(7月26日と29日は、白馬村農業体験実習館)

さて、お月様は、見る事ができません。
その分、細かな星もよく見ることが出来ます。
お月様が見られない時は、淡い光の天体がよくみられることになりますので、
星雲・星団の類をいくつかご案内いたします。

「天の川は見られませんか?」というご質問がありましたが、
そろそろ、天の川もよくみられる時期に差し掛かっていると言えると思います。

惑星としましては、南の低い空に見えている明るい星が、火星と土星ですね。
土星は、環のある星として有名ですが、人気が高い天体ですね。
もちろん、天体望遠鏡を使えば、土星の環も見て頂くことができます。
そして、火星は、5月末の最接近の後も、明るく輝いています。
一度は見てみたい天体ですね。

星座としては、黄道十二星座の中では、おとめ座に始まり、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座をご案内いたしております。
他にも、日本中で最も簡単に、「必ず探せる」「探し方を忘れない」という北極星の探
し方と、織姫星と彦星の探し方をご紹介しています。
他にも見えている星座はもちろん、星雲や星団も、数多くご紹介しながらお見せいたし
ております。

お星様に関するご質問も、大歓迎です。
むしろ、ご質問を頂くこと、そしてそのご質問にお答えする事が、私の一番の楽しみな
のです。

全ては、天候次第ですが、必ず「楽しかった」と思って頂けると信じております。

防寒着だけは、必ずお持ちください。

星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)

7月23日の星空観察会 ご参加希望の方へ

いつも、ブログをご覧頂き、ありがとうございます。

梅雨時期の星空観察会を休止いたしております。
ご迷惑をおかけいたします。

7月23日の星空観察会は、20時より、白馬五竜エスカルプラザ駐車場にて、開催予定です。
18時の時点で、天候の様子を見て、天候が思わしくないと判断した時には、神城駅の2階にて、
屋内での解説となります。

さて、お月様は、22時の終了間際に、東の空へ上ってきます。
クレーターが、きれいに見られると思います。
天体望遠鏡や双眼鏡を使って見る 月の出 は、感動しますよ。
お月様が出てくるまでの時間帯では、細かな星もよく見ることが出来ます。
お月様が見られない時は、淡い光の天体がよくみられることになりますので、
星雲・星団の類をいくつかご案内いたします。

「天の川は見られませんか?」というご質問がありましたが、
そろそろ、天の川もよくみられる時期に差し掛かっていると言えると思います。

惑星としましては、南の空高く見えている明るい星が、火星と土星ですね。
土星は、環のある星として有名ですが、人気が高い天体ですね。
もちろん、天体望遠鏡を使えば、土星の環も見て頂くことができます。
そして、火星は、5月末の最接近の後も、明るく輝いています。
一度は見てみたい天体ですね。

星座としては、黄道十二星座の中では、おとめ座に始まり、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座、みずがめ座をご案内いたしております。
他にも、日本中で最も簡単に、「必ず探せる」「探し方を忘れない」という北極星の探
し方と、織姫星と彦星の探し方をご紹介しています。
他にも見えている星座はもちろん、星雲や星団も、数多くご紹介しながらお見せいたし
ております。

お星様に関するご質問も、大歓迎です。
むしろ、ご質問を頂くこと、そしてそのご質問にお答えする事が、私の一番の楽しみな
のです。

全ては、天候次第ですが、必ず「楽しかった」と思って頂けると信じております。

防寒着だけは、必ずお持ちください。

星空案内のアステリズム  代表  渡辺 康充(とめ)